メイン画像
border

グローバル化の推進力になるのか

留学をするというのは現状高いハードルがあります。資金的なものを除いてもある程度外国後や文化について理解を深めてから行うということが前提とされていますのでその準備には時間がかかるものなのです。そのためグローバル化が進む現代社会においては個人的な留学を支援する大学などのサポートが大きな推進力となって機能していくこと求められています。その一つの形として一部の大学ではハイブリッド留学という新しい仕組みでの留学が行われるようになってきました。 このハイブリッド留学に期待されているのはグローバル化の推進力を高めることにあります。そのためまずは海外に出るために海を渡るという事実を非常に重視しているという仕組みがあり、まず相手の懐に飛び込むことを推奨しています。そのための事前準備が不十分であっても困らないようにすると言うのがハイブリッド留学の目指している形です。 このハイブリッド留学ではまずは海を渡り、海外で生活をしながら大学教育を行うということを特徴としています。そのため大学の授業は日本語で行われ、基本的な学業には支障のないように調整されています。その一方で日常生活は海外を舞台とした様々な経験に満ち溢れています。その様な環境の中で自然に語学力を高めて行こうというのがハイブリッド留学の形であると言えるでしょう。 実際に多くの国の留学者は十分な語学教育や文化的教育を受けてから留学ができるわけではありません。ある程度環境が整わないと海外に行けないというのであればいつまでたっても海外留学などは出来ないでしょう。それではグローバル化の推進等は難しいのです。そのためまずは海を渡って異国の地に行くということを重要視するのがグローバル化を推進しようというハイブリッド留学の目指すところなのです。 しかしながら通常の留学と同じく留学者本人の指揮次第でそれは有益なものにも無駄なものにもなります。しっかりとして目的意識が無ければ何も得ることは出来ないでしょう。

国際競争力の向上に

日本企業の積極的な海外への進出や金融のグローバル化などが推し進められている今日の世界情勢において、国際競争力を向上させるために、国際社会で通用する人材を育成することが今後ますます重要になってくると考えられます。国際競争力を向上させ、諸外国に国際競争で勝つためには国際文化理解や国際コミュニケーション能力のさらなる向上が欠かすことのできない要因となります。 これらの国際的なバランス感覚や理解を深めるためには直接海外へ出向いて・・・続き