メイン画像
border

国際競争力の向上に

日本企業の積極的な海外への進出や金融のグローバル化などが推し進められている今日の世界情勢において、国際競争力を向上させるために、国際社会で通用する人材を育成することが今後ますます重要になってくると考えられます。 国際競争力を向上させ、諸外国に国際競争で勝つためには国際文化理解や国際コミュニケーション能力のさらなる向上が欠かすことのできない要因となります。 これらの国際的なバランス感覚や理解を深めるためには直接海外へ出向いて、そこで生活などを行い文化の違いを肌で感じることが重要となります。 国際的なバランス感覚を磨くこと、異文化体験をすることに重点を置いた新しい留学のシステムとして最近注目を集めているのが、ハイブリット留学という留学制度です。 ハイブリット留学は留学への条件として語学テストのスコアなどが求められていませんし、特別な追加学費を支払うことなく留学ができる画期的なシステムとなっています。 このハイブリット留学であれば、多くの学生がより容易に留学ができるようになるため、国際的なバランス感覚を持つ人材の育成に大いに役立つと考えられるのです。