メイン画像
border

海外で日本語授業を受ける

グローバル化がますます進む今日の世界情勢において、国際舞台で活躍のできる人材が今後ますます求められてくることが考えられます。 国際舞台で活躍するためには、語学力や専門的な知識等学術的な要素はもちろんですが、それらと同等以上に重要と考えられるファクターが、異文化コミュニケーション能力や国際文化についての理解力です。 語学力や専門的な知識などはある程度歳を重ねた後でも身につけることができますし、社会人となった後にプライベートの時間を利用して自己啓発の一環として学習することも可能であると考えられます。 しかし、異文化コミュニケーション能力や国際文化についての理解などは机上で懸命に勉強をしたとしてもなかなか身につけることは難しいと考えられるのです。 これらの能力を培うためには、比較的自由時間の多い学生のうちに海外留学をして、現地で直接肌で感じることによって培われると考えて差し支えはないでしょう。 積極的な海外留学は国際社会で活躍できる人間に成長するための最高の経験の一つであると考えられます。 しかしながら、現在の日本大学制度では興味だけでは留学することは難しいという現実があります。 留学をするための条件として、一定水準の語学力を必須としている大学が殆どですし、留学には莫大な費用もかかり、留年のリスクもあります。 単純な学習意欲だけでは海外留学は難しいという現実問題が大きく横たわっており、大きな障壁となっているのです。 それらの問題をすべてクリアにして、多くの人が留学をしやすくした新たな留学制度がハイブリット留学と呼ばれる制度になります。 ハイブリット留学は、海外へ出向くことを大きな目的としており、語学力によるハードルを設けてはいません。 語学の習得は現地の提携校でネイティブスピーカに指導してもらうこととなりますが、専門的な授業はすべて日本語で行われるため、留学時に語学力がなくても心配は無いのです。 海外にいながら日本語で授業をうけることができ、帰国後に単位の認定もしてもらえます。 現地で語学力を磨きつつ、異なる環境・文化に身をおくことができるので、虚言までリスクを排除しつつ、通常の留学と同等の効果を期待することができるのです。

講義での安心感は絶対的

日本の工学院大学では、日本初となる「ハイブリッド留学」と呼ばれるプログラムを始めました。これは、従来とは全く異なる新しい形態の留学プログラムです。従来の留学では、留学先の講義を英語などの多言語で受けることになるため、留学前に語学の勉強が不可欠でした。また多くの大学で、留学の条件にTOEFLなどのテストで一定のスコアを取ることが定められており・・・続き