メイン画像
border

講義での安心感は絶対的

日本の工学院大学では、日本初となる「ハイブリッド留学」と呼ばれるプログラムを始めました。これは、従来とは全く異なる新しい形態の留学プログラムです。従来の留学では、留学先の講義を英語などの多言語で受けることになるため、留学前に語学の勉強が不可欠でした。また多くの大学で、留学の条件にTOEFLなどのテストで一定のスコアを取ることが定められており、自分が本来学びたいことを学ぶために語学の勉強をしなければなりません。「ハイブリッド留学」は、この問題を解決するために始まったプログラムで、留学先での講義を日本語で受けることが出来ます。留学先で日本語で受けられる講義には絶対的な安心感があり、留学先で自分の学びたいことに100パーセント専念することが出来ます。また、現地での生活を通じて、徐々に現地の言語や文化に慣れていくことが出来るため、自然に語学力が身につく上、今後社会に出ていくために欠かせない国際感覚も同時に養うことが出来ます。