メイン画像
border

留学の新しいスタイル

近年のグローバル化の影響も大きく、海外は私達にとってますます身近なものとなりつつあります。 日本のビジネス現場においても、国際化が顕著に進んでおり、海外進出を果たす企業の数が大幅に増加しているのです。 国際競争に勝つことや国際コミュニケーション能力といったスキルは今後ますます重要になってくると考えられますし、国際理解に深く精通した人材が今後の日本のビジネス現場に求められてくると考えることができるでしょう。 将来、国際舞台で確約できるような人材を育成するために、日本の一部の大学が実施し始めたのがハイブリット留学という今までにない新しいスタイルの留学システムです。 国際的な文化理解やコミュニケーション能力を高めるのに大いに効果を発揮する留学ですが、従来までの留学制度には外国語の問題と多額の費用という大きな2つの壁が存在していました。 留学するためには英語力などの外国語の能力が一定の水準に達していなければならないと定められているケースが多く、外国語の学習に大いに時間を取られてしまうケースというのが多く見られていました。 外国へ言って専門的な学習をしたくても外国語能力に不足があるため、行くことができないというケースが存在していたのです。 また、留学中は日本の大学と外国の大学との双方に授業料を収めなくてはならず、経済的な負担も大きいことが大きな障壁となっていたのです。 そんな従来までのデメリットを排除し、語学力や経済的負担、留年への不安などをなくして、外国へ行くことのできる全く新しい制度がハイブリット留学です。 ハイブリット留学は、まず海外へ行くことを再優先させた新しいシステムを採っており、語学は現地の提携校に通いながら習得を目指し、専門的な講座は現地で日本語によって行われるのです。 現地での学費は不要であり、帰国後に海外で学んだ内容は単位として認定されるので留年への心配も不要なのです。 このスタイルであれば、より手軽に多くの人が外国文化に触れることができるでしょう。

留学のハードルを下げた仕組み

これまで海外の大学に留学する際には、一定レベル以上の語学力や現地の学校での学費の支払いなど、いくつもの要件をクリアする必要がありました。こうした点に着目し、留学のハードルを下げたのが工学院大学で行われている「ハイブリッド留学」です。「ハイブリッド留学」は、まず海外に渡り、生活経験を積みながら語学を習得することで・・・続き